単身引越しの節約ワザ

会社から別の部署への転勤を言い渡された、他県の大学に通うことが決まったなど引越しをする理由は様々です。今後の新生活に向けて、できるだけ引越しの費用を節約して他の必要なことにお金をかけたいと思う方も多いのではないでしょうか。引越しの際には費用がかなりかさみますよね。

敷金、礼金、新居に置くための家具類を購入するお金など。引越し業者に関しては、できるだけ安くしっかり対応してくれるところに頼みたいと思われることでしょう。みなさんは引越し費用を安くする方法があるのをご存知でしょうか。実は引越し費用というのは利用する業者やどの時期にどのようなサービスを選択するかによってかなり大きく変わってきてしまいます。

引越し例えばひとり暮らしの引越しの場合、繁忙期である3月に利用するのと閑散期である7月ではなんと1万5千円以上も引越し費用に差がでてきます。そのため、引越しの時期が調整できる人は繁忙期の3月、4月を避けて、安い時期を選んで引越しすることを検討するとよいでしょう。また、業者に頼む前に自分の身の回りのものをよく確認してみてください。不要なもので溢れているなんてことはありませんでしょうか。

引越しというのは自分の生活の身の回りのものを整理する絶好の機会でもあります。また、ものが多いままだとその分梱包しなければならないダンボールの量も増え、引越し費用がかさむ原因にもなります。そのため、不要品は処分するか買い取ってもらえるリサイクルショップなどに売ることを検討してみてください。その上で引越し業者や依頼するサービスなどの検討に入ることをおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket