引越し業者のフリー便とは

さらに引越し費用を抑えることができる方法があります。それはフリー便を利用するという方法です。フリー便とは時間指定のない引越し契約のことです。通常の引越しでは時間指定が必要で、その指定した時間によって料金の上下があります。

 

しかし、フリー便は時間を指定しないため格安料金で引越しができるということです。このサービスは特に作業時間の希望はなく、その日のうちに作業してもらえば大丈夫という方で引越し費用を極力抑えたい方に向いた内容になっています。そのため、作業量の多いファミリーの引越しではなく、どちらかと言うと単身で近距離の引越しの方に向いているサービスといえます。なんと、価格は通常より最大で半額くらいまで安くなるよう設定している業者もあります。通常フリー便は午前中に一件の引越しを済ませた作業員が来ることが一般的です。

 

しかし、時間指定がないため、何時ごろに来るといったスケジュールがはっきりしないところは注意が必要です。よほど時間に余裕のある方でないと、その日のスケジュールを立てることができないというデメリットが生じてしまいます。そのことを理解した上でフリー便を利用するか否かを決めてください。相場でいうと、単身近距離の引越しの場合、通常時の料金だと2万円ほどで対応していただけます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

引越し業者の単身専用パック

みなさんは単身専用パックという言葉を耳にしたりテレビなどで観たりしたことはありますか。単身専用パックとは「高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cm」程度の滑車付きコンテナボックスに荷物を積み、輸送する引越しサービスのことです。引越しというと、ついつい大きなトラックが家の前に来て、たくさんのダンボールを運び出し半日から1日かけて作業をするというイメージを持たれている方も多いと思います。

 

トラックしかし、単身引越しの場合、そのイメージするほどのものが部屋の中にあるでしょうか。トラックを頼むほどものが家の中にない上に、費用の節約だけでなくできるだけ作業もシンプルにして引越しを終わらせたいと希望する方も多いでしょう。そのような方々に合ったサービスになります。単身専用パックは業者によって様々な名称で呼ばれています。

 

例えば、日通では「単身パック」、クロネコヤマトでは「単身引越サービスパック」、ハトのマークの引越センターでは「小鳩パック」です。また業者によって若干のサイズ規定の違いがありますので、依頼する業者の提示する条件をよく確認してみましょう。この単身専用パックでは、トラックの荷台に複数のコンテナボックスを積み込み運送するという形です。そのため、結果として引越し費用を安く抑えることができるということです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

自分でできることは自分で

引越し業者には様々なサービスを用意しています。例えば、引越しの荷造りなどは業者のサービスとしてもありますが、引越しまである程度時間がある方は業者に頼まず、自ら行いましょう。 確かに、梱包サービスは便利な上に様々なメリットがあります。

ダンボール例えば、プロが行なうため、新居へ引っ越すまでの段取りが早く行えたり、輸送中の食器野割れなどの心配をする必要がないなどの理由です。しかし、その分費用がかさんでしまいます。安い引越しを検討している方には向かないサービスと言えるでしょう。また、多くの引越し業者は契約した人に対して、無料でダンボールを配布している場合が多いです。

しかし、業者からいただけるダンボールの数にもある程度限りがあります。追加でダンボールを業者に注文する場合、業者によっては無料で配布しているところもありますが、中には料金が発生してしまう場合があります。そのような細かい費用もできるだけ抑えたいところです。巷ではドラッグストアやスーパーなど無料でダンボールを持っていってもいいとしているお店があると思います。引越しの際の追加ダンボールが必要となった場合はぜひ自ら調達しに行ってみましょう。このような少しの心がけが結局は大きな費用の差を生むことになります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

単身引越しの節約ワザ

会社から別の部署への転勤を言い渡された、他県の大学に通うことが決まったなど引越しをする理由は様々です。今後の新生活に向けて、できるだけ引越しの費用を節約して他の必要なことにお金をかけたいと思う方も多いのではないでしょうか。引越しの際には費用がかなりかさみますよね。

敷金、礼金、新居に置くための家具類を購入するお金など。引越し業者に関しては、できるだけ安くしっかり対応してくれるところに頼みたいと思われることでしょう。みなさんは引越し費用を安くする方法があるのをご存知でしょうか。実は引越し費用というのは利用する業者やどの時期にどのようなサービスを選択するかによってかなり大きく変わってきてしまいます。

引越し例えばひとり暮らしの引越しの場合、繁忙期である3月に利用するのと閑散期である7月ではなんと1万5千円以上も引越し費用に差がでてきます。そのため、引越しの時期が調整できる人は繁忙期の3月、4月を避けて、安い時期を選んで引越しすることを検討するとよいでしょう。また、業者に頼む前に自分の身の回りのものをよく確認してみてください。不要なもので溢れているなんてことはありませんでしょうか。

引越しというのは自分の生活の身の回りのものを整理する絶好の機会でもあります。また、ものが多いままだとその分梱包しなければならないダンボールの量も増え、引越し費用がかさむ原因にもなります。そのため、不要品は処分するか買い取ってもらえるリサイクルショップなどに売ることを検討してみてください。その上で引越し業者や依頼するサービスなどの検討に入ることをおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket